2006年07月03日

ハンター!?

朝っぱらから大騒ぎがあった。

むろん朝といっても管理人の朝なので、世間の人はとっくに会社に行っている時間である(←早起き生活?!……過去はふり返らないのが管理人のいいところだ)。いつものように寝ぼけ眼の管理人が散歩の支度をするあいだ、犬たちは庭で排泄を済ませていた。目が半分開いた状態で、管理人が機械的に部屋の雨戸を開けているとき、排泄を済ませたカイと姫が目配せするのが管理人の目の端に写った。

はて、あの2頭がこそこそ何かを相談しているとは、妙なこと……

ディーがいなくなってから、カイと姫の関係はよく言えば単なる同居犬、悪く言えば他犬の関係、要は一緒に暮らし寝食共にしているとはいえ、あくまでもそこにいるからしかたなくという態度がありありと見える。最初は仲の悪かったディーと姫だが、最近は気が向けば一緒に遊んだりする関係になっていた。ディーとカイは兄弟犬なのでもちろんしょっちゅう一緒に遊んでいた。つまりディーがあいだに立って3頭の群のハーモニーができていたのである。そのディーがいなくなってしまった今、カイと姫の微妙な関係が続いている。小学校のとき、3人で仲良しトリオだったのが、中心となる1人が転校してしまったあと、残された2人がなんとなく気まずくなってしまう……要はそんな感じなのだ。

ところがきょうはその2頭がこそこそ何かを相談している。やがて、2頭は尻尾振り振り家の裏へと駆けていった。もしかして、ジィジとのいたちごっこを繰り広げながら、姫がせっせと毎日掘り進めている秘密トンネルを一緒に掘りに行ったのかと考えていると、やがて裏手から犬たちの妙な鳴き声が聞こえてきた。

これはおかしい……ぜったいにおかしい!!!!

管理人が駆けつけると、そこではバトルが繰りひろげられていた。バトルの相手はよく近所で見かける野良猫。1対2の戦いはどう考えても身体も小さく弱いはずの猫のほうが優勢だった。

姫、猛然と猫に飛びかかった!

猫はひらりと身をかわした!!!

猫の攻撃! 姫は3のダメージ!

カイちゃん、勇気を持って猫に突進!!

猫はカイの背中にひらりと乗って爪を立てる!!!!

カイちゃん、悲鳴と共に後退!


管理人の頭のなかではツクールの戦闘のテーマが流れていた(納期を終えて暇なんで最近またRPGゲームにはまっている)。大きさはさておいて、管理人の見る限りこのバトルは完全にボスキャラ戦の様相を呈している。そりゃそうだわな。主要戦力だったディーがこの場にいないんだもの。歌声で勝負の姫と回復専門のカイちゃんじゃ子猫相手でも勝てるわけないわ。おまけに追いつめられた猫は、やる気満々でかかってくる。何とか退路を開けて猫をその場から逃がそうとする管理人の脚に飛びついてきて噛みつく始末である。

こりゃ、ともかく犬たちを回収して家に入れないことには、そのうち犬たちが大怪我をする。犬と猫の喧嘩の場合、猫のほうがやられるということはまずほとんどありえないのだ。ふつうのペットで飼われている犬の場合、身体は小さくてもぜったいに猫のほうが強い。猫は身も軽いし、興奮するとためらいなく爪を立てたり噛みついたりする。それに対してふつうの犬は(猟犬として飼われている犬の場合はちがうが)よっぽどのことがない限り猫相手に真剣に牙をむくことなどありえない。

犬たちにとって、これは単なる遊びなのだ。それに対して野良猫は命を賭けて戦っている。どちらに武があるかは火を見るより明らかだ。

で、ともかく犬たちを捕まえたいのだが、持っていたリードはすでに敵にとられている(猫を追い払おうと振り回したとき、猫が爪を引っかけて、思いっきり反対側にぶっ飛んだのだ)。仕方がないのでまず姫を捕まえ、そのまま姫だけを連れてじりじりと玄関に向かって後退した。管理人と姫がいない状態でカイがひとりで応戦するということはありえない。腰抜けカイちゃんは、仲間のあとを追って慌てて戻ってくると踏んだのである。

管理人の読みは当たった。飼い主と頼りになる仲間がじりじりと撤収していくのを見て、猫に対して「ガーッ」とか「ウォーッ」とか妙な威嚇の声を出しながらも(威嚇するまでもなく、猫は自分のテリトリーに入ってこなければ反撃などしないのだが)カイも玄関に向かってジリジリと後退し始めた。

ようやく2頭を回収し、どうにか自力で玄関を開け(ジィジが家にいたのだが、いつもの通りまったく役には立たなかった)、犬たちをそのなかに放り込んでから水を持って猫のようすを見に行った。

まだ興奮冷めやらぬ猫は、管理人の姿を見ただけでまたもや「シャーッ」と戦闘モードに入っていたが、水の皿を置いて、安全な距離まで下がって見ていると、ゆっくりとだが皿に近寄って動きだした。見たところ血は出ていないようだし、脚を引きずっているようすもない。身体のどこかを嘗めているようすも見えない(動物は怪我をしたり、痛いときはその部分をしきりに嘗めるものだ)。とりあえずは大丈夫だろうと踏んで、猫をそのままにして家に戻った。

まったく、朝っぱらから近所中に犬の嬌声と管理人の怒号が響き渡る大騒ぎである。もしかして、ものすご〜く訓練の入った使役犬みたいな犬ならば「No Come」と言えば飼い主の元におとなしく戻ってくるのかもしれないが、ハウンドの本能に火がついてしまった2頭のフツーの犬をフツーの飼い主が扱うのは、やはり容易ではない。

それにしても、猫を取り囲んで巧く逃げ道を塞ぎ、ジリジリと追いつめながら歓喜の声をあげている2頭を見て、やはりこいつらの祖先は猟犬なのだ、こいつらは猟をするために生まれてきているのだ、とつくづく思った。猟のしかたなど教えたことはないのに、ちゃんとポジションをとって、群で猟をするあたり、犬の本能はすごいとつくづく感心する。1年教えてもいまだにフセができないのに、どうしてそういうことは教えなくてもできるのやら……これをヒントにまた新たな姫のトレーニング方法を考えなければと頭をひねる管理人である。

DKH107.JPG

【うちのコたちの話の最新記事】
ニックネーム 犬猫屋敷の管理人 at 13:46| Comment(8) | TrackBack(0) | うちのコたちの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うきききき(奇声)
すっげ〜〜〜目に浮かぶ〜〜。
おもしろい〜〜笑
こういう話を聞くと、ハウンドを家族にしたくなる・・・・が(^^;シマセンデキマセンつむぎにはちと荷が重いかもw
で、ビデオは撮って・・・・・ナイヨネ?(TT
Posted by つむぎ at 2006年07月03日 14:26
おっ帰りなさ〜い!
ディー君がいないのは寂しいけど、2匹のバランスが今後どうなっていくのか、ちょっと興味ありますね。

赤羽の野良猫たちも強いですよ〜!
道は譲らないし、ヘタすりゃ追いかけてくるので、リードを引っ張ってひーこら逃げたことも一度や二度ではありません。
みっともないったらありゃしない。




Posted by ワハ母 at 2006年07月03日 15:24
ワハハハ・・・。。

想像しただけで楽しそう。。目配せして何かやらかす。多頭飼いの醍醐味ですねぇ。。でもなんで猫ちゃんと仲良くできんのかネェ。

うちの切り込み隊長GILUも猫ちゃん(気に入らないワンにもですが)発見するとと教えてもいない伏せして待ってます。「ロックオン。いつでも飛びついてやるぅ。」見たいにねっ。
Posted by KAKOまま at 2006年07月03日 15:38
★★つむぎちゃん江★★
一回飼ってみなされハウンド系、おもしろいよぉ〜犬ってこういうもんだって気がする。むろん飼い主は始終頭を抱えているのだが(^_^;)

ビデオ撮る余裕があるわけない!でも撮っておきたかったよぉ〜

★★ワハ母さま江★★
ただいまっ! サイトを再開したとたんにいきなりネタを提供してくれる我が家の孝行犬たちってどうよ!? ほんとうに猫は強い。うちの奴らは家猫にすら頭が上がんないんだから、野良相手にバトルすることじたい無謀です。愛犬たちに怪我をさせないために孤軍奮闘する管理人の姿、お見せしたかったわ!

★★KAKOままさま江★★
うちの方々の場合、ただ猫がいるだけだと比較的無視して通り過ぎることができるんですけど、いきなり脱兎のごとく駆けだしたりしたら、もうダメ。走るものは追う、追いつめるっていう本能が勝っちゃうみたい。じっさい室内でも悠然としているチビ姐さんはふつうに犬たちと共存しているのですが、ついつい逃げまどう他の2匹はいつもおっかけっこの餌食になってます(^_^;)
Posted by 管理人 at 2006年07月03日 19:57
おかえりなさい、管理人さん♪

カイ君と姫ちゃん良いコンビですね〜。
速く動くものを追っかけてしまう犬の習性に
親近感を抱くリリーパパです。(*´艸`*)

姫ちゃん秘密のトンネル掘っているんですか?
ってか、管理人さんにバレているなら秘密じゃ
なくなってますけど、『大脱走』って映画を
思い出して笑いましたw
トンネルが完成したらブログのネタになりますね♪
Posted by リリーパパ at 2006年07月03日 22:01
もしかしてリリーパパさんも、速く動くものを追っかける習性があるとか?(んなわけない!)

姫は掘るのが趣味でして、もしかすると奥底に生ゴミか何かの死体が埋まっているのかもしれないのですが、2カ所ほどせっせと掘っている場所があるんですよ。そしてジィジは飽きもせず毎日ぶつぶつ言いながらその穴を埋めている……究極のいたちごっこなのだ!べつに花壇のなかでもないし、芝生が植わっているわけでもないので、勝手に掘らせておけばいいと管理人は思っているのですが(^_^;)
Posted by 管理人 at 2006年07月04日 00:18
おかえりなさい!ずっと待ってました♪
実は私も、復活させるといいつつHP作成をストップしている状態です…
管理人さんにならって、私も少しずつ復活させたいなぁなんて思ってます。

私は「死」と言うものが本当に苦手なので兎が死のうと金魚が死のうと
泣いてしまうんですが、ディー君の事は突然すぎて泣き崩れてしまいました。
でも、姫ちゃんとカイくんコンビの活躍を楽しみにしています!

最近部活が忙しくてムジカのことが手におえないので
だいぶムジカに嫌われています(汗)
Posted by NANAMI at 2006年07月04日 06:59
お久しぶりです! そっかぁ〜NANAMIさんもサイトお休み状態なのね。この数ヶ月ほんとうに忙しくてどこも見に行く余裕がなかったから知らなんだ(^_^;)

ディーのことは、むろん哀しい話ではあるんですが、動物との暮らしっていうのは、あっけないほど短く終わってしまうものだということをできれば多くの方にわかってもらえて、いまというときを大切にしてもらえればな、と思って敢えて出すことにしたんです。いろいろあるけどLife goes onってことで。

ムジカ嬢に嫌われないように、時間見つけてグリグリを忘れずにね! ムジカちゃんはその瞬間を待っているよぉ〜
Posted by 管理人 at 2006年07月04日 20:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/359855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック