2006年08月12日

夏休み

世間さまではすっかりお盆休みという奴らしい。

今年も恒例の帰省渋滞で、栃木県の那須高原サービスエリア―群馬県の館林インターチェンジ間で112キロ、東名高速道の下り線でも静岡県の中里バス停付近を先頭に43キロの渋滞だそうである。

いつもの神奈川県の綾瀬バス停付近はどうしたのだろうか? あれはリターンラッシュの時だっただろうか?

毎年混む要所というのは決まっているのに、なぜか少しも改善されないあたりが、けっこうほんとうはみんなこの帰省ラッシュを楽しみしてんじゃないの、という気がしてならない。まあ、じっさい車に何時間も缶詰になっている人たちは決して楽ではないはずだが……

だいたい、渋滞の定義ってなんだろうとふと思う瞬間がある。以前、友だちと車で遊びに行ったとき、「○○高速 50Km渋滞中」という交通情報を聞いて、一般道を選択したら、思いっきりハマッテ、えれぇ〜時間がかかったことがある。途中、上を通っている高速道路を見上げたところ、のろのろ運転ながら高速のほうはちゃんと車が流れていて、渋滞していたってけっきょく高速のほうが早いんじゃんと思い知らされたものなのだ。

できれば「渋滞」と言い張る以上、どのくらいの渋滞か、是非とも今後はより詳細な交通情報を出していってもらいたいものである。たとえば「イライラして頭の血管が切れそうになるド渋滞」とか「それでも高速代払う価値はある程度の中ぐらい渋滞」とか「渋滞と呼ぶのもお恥ずかしいくらいのプチ渋滞」とかきちんと状況を伝えてもらえれば、こちらとしても覚悟のほどができるわけだ。

以前は、この季節になると、都内ががら空きになって、それこそ車で出かけると「東京ってじつは狭いんだ」と思い知らされるほどどこに行っても空いていた時期があるのだが、最近は逆にお盆休みで東京に遊びに来る人も多いせいか、けっこうそれなりに道も電車も混んでいたりする。昔は、がらがらの都内を走りまわりながら、江戸っ子に生まれた幸運を噛みしめていたものだが、最近では、みんなが休んでいるときにも会社に行かねばならない不幸な自分しか実感できないのが、非常に残念なことである。

管理人は今月頭からすっかり夏休みモードなので、お盆休みといってもどこに行くでもなくあいかわらずダラダラ暮らしている。帰省ラッシュも関係なく、犬猫屋敷はきょうも通常営業である。

RIMG0868.JPG

えっ、姫さん京都にでも行ってらしたんですか?

いえいえ、あまりに暑いので、隣の竹林で散歩を済ませているだけでございまする。

東京のチベット犬猫屋敷では、渋滞などにハマラなくとも、いつでも田舎気分を味わえる。

ニックネーム 犬猫屋敷の管理人 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする