2006年07月31日

冷え冷えベッド

お客さまモニターとしてタダでやったクールボードのフィードバックがない!と出入り業者に叱られた。
「せっかく高い物をやったのに、もらったきりで音沙汰なしって、どーいうことよ!?」

「だって、感想述べようにも、使ってないからわかんないんだもん」

「使ってないだと!?」

正確には、使いたくとも使えなかったのだ。越後屋製のクールボード「涼犬生活」の売りは、タイル状のボードを組み合わせて使うので、冬場の収納が楽という点だ。ところが、我が家に持ってきてみたら設計上の重大な欠陥が見つかったのである。

「タイルが動いちゃって、犬たちが怖がって乗ってくれないの」

「なんで動くのさ!」

「だって、うちは床じたいが歪んでんだもん」

うちのコのサイズだと6枚を敷き詰めることになるのだが、たしかに床が平らなところであれば、アルミのタイルを置いただけできちっとはまるのだ。ところが、床が歪んでいるうえに、デカ犬は体重があるのでちょっと身体を動かすだけで、クールボードがずれてしまって、それが犬にとってはとても気持ちが悪いらしい。

「だからさ、使えないのよ。でも冷やっとして気持ちいいから、管理人の足乗せに使おうかと思ってんだけどさ」

「……盲点だったな」

「だね。アイデアは良かったんだが……」

「でも滑り止めのゴムとかつけるとコストがかかって値段を上げざるをえないしなぁ〜」

「滑り止めのゴム程度じゃダメ。やってみたけど、うちだとやっぱりずれちゃうんだ」

「ふつうそれで使えるはずだぞ? おまえんちってよっぽど傾いてんじゃないの?」

「傾いているよ。犬部屋は明らかに目で見えるくらい床が歪んでんだもん」

「それ、身体に悪いと思うぞ。建て替えろ」

「関東大震災2がきたら一発で倒れるから、そしたら建て替えようと思って待ってんだけどさ……来る来るっていいながら、なかなか来ないのよね、大地震」

「…………」

「ともかく、ふつうの家なら問題なく使えるはず。うちの場合は特殊だから、床が傾いてて、なおかつ犬の体重が重いっていう二重苦ですからね」

けっきょくその後は仕事が忙しかったのでしばらく放っておいたのだが、先日ふとアイデアが浮かんでちょっとばかり小細工をしてみることにした。

デカ犬コンビがクールボードを嫌がるのは、床がずれる感覚が気持ち悪くて怖いからだ。そこで、ぜったいに動かないよう6枚の板をきちんと固定する方法を考えたのだ。まず、床にクッションシートまたは滑り止めのゴムを敷く。それだけでは、やはりタイルが動いてしまうので、タイルの裏にガムテープを貼ってタイルどうしを密着させる。そうすればうちの犬の体重が乗っても簡単にタイルがずれることはない。これならしまうときは裏のテープを剥がせば良いだけだし、一石二鳥というわけだ。

そうしておいて、おやつをあげながらボードのうえにしばらくステイさせてみると……

RIMG0798.JPG


冷たくてエエ感じ、ということに気づいたらしい。やったねGood

「そっかぁ〜、でも固定しないと使えないんじゃ辛いかなぁ〜」

「うちみたいな例は希有だと思いますけどね。たいていの家は問題なく敷くだけで使えるさ」

じっさい、他のショップで値段を調べたところ、ほぼ同じ材質、同じ仕様のものが倍以上の値段で売られているのだ。むろん、そちらは可愛いパウマークなどが入っていたりするのだが、柄が入っていようがいまいが、使用感は変わらない。

「ガムテープで貼り貼りする手間を考えても、この値段なら管理人は買うね」

「そう?」

「うん。賢い消費者は1円でも安くて品質の良いものを探し求めるものですわよ」

「そっかぁ〜」

「あぁ〜もう1セット欲しいなぁ〜涼犬生活! ほら、うちって2頭いるじゃない? それぞれに冷え冷えベッドがあってもいいと思うんだけど?」

「もう1セットはお金出して買ってください」

さすがに2匹目のドジョウは無理だった。来年の夏までに貯金して、もうひとつ買ってやるとしますかね……

ニックネーム 犬猫屋敷の管理人 at 16:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 管理人の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする