2006年07月10日

オイ、ジダン!

妙な夢を見て明け方に目が覚めてしまった。

ふだんはリラックスして安眠できるよう、寝る前は好きな本を読むことにしているのだが、現在またもや納期に追われる身ゆえに、眠くなるまで仕事の資料を読んでいたせいかもしれない。ともかく、時計を見るとちょうど4時を少し回ったところだったので、どうせ起きてしまったのだからちょっとだけ決勝でも見てみるか、とテレビをつけた。

今回のワールドカップは、ディーの病気がわかった直後に始まったこともあって日本の試合も含めてほとんど何も観ていない。いちおうダイジェストなどでどこが勝ち進んだかくらいはチェックしていたのだが、せっかくだから決勝ぐらいはちゃんと観ようという気になったのだ。

少しだけ観て、眠くなったら寝直そうと思っていたにもかかわらず、けっきょく結果が気になって最後まで観てしまった。

だって、ほんとうにどっちが勝つかわからない、ものすごい試合だったんだものがく〜(落胆した顔)

それにしても、一気に腰が抜けたのはジダンの一発退場だ。怪我をしてもそのままピッチに残り、これは根性で最後フランスが勝つのだろうかと思っていた矢先に、試合の進行とはまったく関係ないところでいきなり喧嘩でレッドカードときたもんだ。あそこで退場しなければ、勝っても負けてもジダンはフランスの英雄として歴史に名を残しただろうに。にもかかわらず、あそこでああいうことをするあたりが、ジダンらしいと言えばジダンらしいのだがふらふら

いずれにせよ、サッカーについてはド素人の管理人が観ても、やっぱり世界の水準は高いのだとしみじみ思った。すみません、日本チームも予選突破とか期待したわたしがバカでしたって気分になった。だって素人目で見ても、ぜんぜん試合運びがちがうもの。フランスとイタリアの試合は、ピッチが狭く見えたもの。イタリアチームなんて30人ぐらいいるんじゃないかと思ったほど、いつでもどこでもボールの飛んでいく先に人がうじゃうじゃいたんだもの。

はぁ〜遠いな日本チームの予選突破。管理人が生きているうちに、果たして決勝リーグに進める日は来るのだろうか(ため息)

ちなみに、同世代の友人と先日サッカーの話をしていたところ、日本戦って怖くてまともに観られないよね〜という話になった。もともとサッカー好きという人以外だと、管理人たちの世代の人間は、最初に観たサッカーの大きな試合が1993年10月のアメリカワールドカップアジア地区予選の対イラク戦、通称「ドーハの悲劇」という人もじつは多いのではないかと思う。管理人も友人もそういう1人で、ぜったい勝ちと思っていたのに、いきなり最後の最後で点を入れられ一発逆転というさまを最初に観てしまったせいか、いまだに日本戦は落ちついて観ることができない。だいたい当時はロスタイムなんてルールも知らなかったくらいだし、90分終わったのになんでよ!とTVの前で騒いでいた記憶がある。1点や2点の点差では、

「きっとまた逆転されるんだ、最後にゴールされて負けるんだ」

と、とても不安な気持ちになる。その後何度も日本の勝ち試合を観ているにもかかわらず、ここまでくると立派なトラウマである。おそらく、30対1くらいで日本が勝っていないかぎり、管理人が心静かに日本戦を観戦できる日は来ないだろうと思っている。

管理人がまだ頬っぺツルツルの中学生のころの話なので、かれこれ10億年ぐらい前のことになるが、管理人の中学ではなぜか男子(男の子じゃなくて男子なのだ!)のあいだでサッカーが異常にブームになっていた。都内とはいえいちおう立派な校庭があったのだが、サッカーピッチがようやく1面とれる広さで、その1面を確保するために、クラスのなかでもとくに脚の速い子が、授業が終わると同時にサッカーボールを持って校庭に向かってダッシュしていた。ちょっとでもスタートが遅れると、他の学年の子に場所をとられてしまうので、サッカーには参加しない女子も含め、なぜかクラス一丸となってチャイムが鳴ると同時に授業が終わるよういろいろ画策したことを思いだす。

あのころの同級生たちも、おそらくいまや立派なお父さんになっていて、いまごろは眠い目をこすりながら愛するわが子のために働いているのだろうと思うと、思わず微笑みがもれてしまう。我が子はいないが、同じくらい金がかかる愛犬のために、管理人も眠い目をこすりながら仕事に戻るとしましょうか……

RIMG0711.JPG
ちょっと、ご飯まだ?

ニックネーム 犬猫屋敷の管理人 at 11:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 管理人の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする