2006年07月01日

再開のご挨拶

ご無沙汰しておりました。犬猫屋敷の管理人でございますm(_ _)mぺこっ

大見得を切っていきなりサイトを閉じてから早2ヶ月半、止めた当時はもう二度とネットの世界には関わらないと堅く心に誓ったのだが、けっきょくこうして戻ってくることにした。なんのことはない、またもや管理人の気まぐれである。

犬猫屋敷を閉鎖してからの2ヶ月半の間に、管理人の周りでいろいろと大きな変化があった。それについては、追々書いていくことにするが、ともかく、さまざまなできごとを経験して、管理人自身の心境に大きな変化があったのは事実だ。

要するに、あのころ我慢がならないとか辛いと感じていたことが、いまや、どーだっていいこと、に変わったのだ。それと同時に、あんな下らないことでくよくよしてサイトを閉じた自分が馬鹿馬鹿しくなった。だから、ふたたび犬猫屋敷を続けて行くことに決めたのだ。

とはいっても、まったく同じことをするつもりはないのだが……

今回は、肩の力を抜いて思いつくままにその日にあったこと、思ったことを書いていこうと思っている。管理人にとって書くという行為は良いストレス解消だし、そのこと自体はまったく負担にはならない。ただ調べ物をしたり、ネタ探しをしたりという時間はとれないので、書くことがなければその日の日記はお休みにする。以前のようにアクセス数を確保しようと一生懸命書くことはもうしないし、他人にメッセージを送ろうなどという大それたことも考えるのは止めにした。極端なことをいえば、明日またやる気が萎えてやっぱりもう一度閉鎖するなどと言い出すかもしれない。

いわば、お気楽飼い主が脳天気な犬と暮らすご陽気生活の記録である。世間に星の数ほどある「見て、見てうちの子たちって可愛いでしょう!!!」という飼い主バカサイトに成り下がることに決めたのである。今回は他人のために書くのではなく、管理人の楽しみのために書いていくのだ。

とはいっても、毒舌人生ウン十年の犬猫屋敷の管理人である。思ったことを書くだけでもじゅうぶん軋轢は生まれるだろう。今後、管理人の書くものを読んで不愉快に思われるだろう方々には大変申し訳ないのだが、管理人の主張、考えが受け入れられないというのなら、このサイトは見に来ないでいただきたい。まったく同じ意見の人間などこの世には存在しない。人それぞれに考え方はあるはずだし、管理人は他人の考え方を変えようとは思わない。同時に人に合わせるために管理人自身の考え方を変えようという気もない。だから今回の犬猫屋敷のテーマは明白だ。

「文句があるなら、見にくんな!」

それに関連して、というわけではないが、今回再開にあたって、いくつかブログの仕様を変えている。以前のサイトでは迷惑メールやスパムトラックバックが大量について頭を抱えたので、今回、メルアドは公開しないことにした。用があるかたはコメント欄にメルアドを入れて「メール希望」と書いてもらえば、こちらから連絡いたします。またリンクも一切こちらからは貼らないことにした。リンクを貼っているからといって、同じ意見を持っているとは限らないと思うのだが、そういう目で見られると嫌だと思うかたもいるだろうし、管理人としてはすべての個人団体と一切の関わりを絶ったうえで、個人のブログで個人の意見を自由に述べていきたいと思っている。

というわけで、最初から軋轢を生みそうな話ばかりで申し訳ないのだが、それでもいいと思うかただけ、脳天気な犬たちと飼い主のご陽気生活を楽しんでいただければ幸いだ。

DKH353.JPG

ニックネーム 犬猫屋敷の管理人 at 21:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 管理人の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする